不倫・浮気による慰謝料を請求したい方へ

解決までの流れ・料金

ご相談・解決までの流れ

ご相談から問題解決までの流れは以下の通りです。

問題の内容・程度によりますが、解決まで数ヶ月を要する場合(特に調停・裁判になると期間を要します)もありますので、できるだけ早い段階でのご相談をおすすめします。

1.専用フォーム・お電話にてご相談をご予約ください

全国に緊急事態宣言が出され、政府から外出自粛、感染防止対策の徹底等が要請されています。
これを受けて、当事務所では、原則として面談による相談を当面の間中止し、その代わりとして、電話相談を始めることとしました。

  1. 電話または専用フォームより、電話相談希望の旨をお伝えください。
  2. お名前、電話番号、メールアドレス、相談の概要を伺い、当事務所よりお客様へメールを送ります。
  3. メールが届きましたら、メールで列挙した質問事項に回答して頂きご返信頂きます。
    ※ 必要事項の記入の他に、身分証の写真や関係資料の添付をお願いする場合もございます。
  4. 利益相反等の確認をし、相談の可否を回答します。
  5. 相談料を前払い頂き(銀行振り込み)、入金の確認が取れ次第、日程調整し、正式な電話相談のご予約が完了します。
  6. 相談料は、1時間までで11,000円です
    ※ 税込み。振込手数料はご相談者様ご負担でお願いしております
  7. ご予約のお時間に、当事務所あてにお電話下さい
    ※ 通信料はご相談者様ご負担でお願いしております
  8. 1回目のご相談後、必要に応じて継続相談や委任契約を締結いたします。
  9. 事案の内容、必要性・緊急性があるような場合には、対面でのご相談を実施する場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

 

※ 法テラス無料相談は取り扱っておりません

※ ご不明な点、ご質問、ご要望等ございましたら、何なりとお問い合わせください

2. 慰謝料を請求・獲得できる可能性をお調べします

慰謝料を請求するうえで必要な証拠が獲得できているか、慰謝料の請求額がどれほどになるか、どのような条件で請求できるかなどを確認・調査・検討いたします。

慰謝料を得るために必要な証拠についてこちらをご覧ください
3. 弁護士との契約

慰謝料請求の対応について、弁護士との委任契約を締結します。

着手金をお支払いいただきます。

契約締結後は、弁護士があなたの代理人として相手方との交渉はじめ必要な諸手続きを行いますので、この時点でわずらわしさから開放されます。

4. 相手方との交渉

慰謝料を請求するために必要な証拠、書類等を収集・精査のうえ、相手方と交渉を行います。

5. 相手方と和解・示談成立により問題解決

交渉により相手方と和解・示談が成立し次第、示談書(和解書・和解契約書)を作成します。

示談内容(慰謝料の請求など)の履行によって、問題解決に至ります。

回収できた金額に応じた成功報酬、実費等をお支払い頂きます。

料金について

料金は「(旧)日本弁護士連合会報酬等基準」に準拠し、依頼される事件の内容、予想される業務量、回収可能性等を考慮して、依頼者と当事務所と協議の上で決定いたします。

※上記の基準は、消費税抜きの表示のものをそのまま抜粋したものですので、実際には消費税が別途加算されます

相談料

相談料 11,000円(税込) / 1時間

着手金・報酬金

※(旧)日本弁護士連合会報酬等基準に、消費税を加算
1 訴訟事件
着手金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合経済的利益の 8.8%
300万円を超え3000万円以下の場合5.5% + 99,000円
3000万円を超え3億円以下の場合3.3% + 759,000円
3億円を超える場合2.2% + 4,059,000円
※1
※着手金の最低額は11万円
報酬金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合経済的利益の 17.6%
300万円を超え3000万円以下の場合11% + 198,000円
3000万円を超え3億円以下の場合6.6% + 1,518,000円
3億円を超える場合4.4% + 8,118,000円
※1
2 調停事件及び示談交渉事件
着手金及び報酬金 1に準ずる。ただし、それぞれの額を3分の2に減額することができる。
※示談交渉から調停、示談交渉または調停から訴訟その他の事件を受任するときの着手金は、1の額の2分の1
※着手金の最低額は11万円

※1 事件の内容により、30%の範囲内で増減額することができる。

慰謝料300万円を請求する場合の料金例

【例1】訴訟の場合
着手金 300万円 × 8.8% = 264,000円
報酬金 ※200万円を回収した場合 200万円 × 17.6% = 352,000円
【例2】示談交渉の場合
着手金 300万円 × 8.8% × 3分の2 = 176,000円
報酬金 ※200万円を回収した場合 200万円 × 17.6% = 352,000円
【例3】示談交渉が決裂し、訴訟になった場合
着手金 300万円 × 8.8% × 3分の2 = 176,000円 示談交渉分

300万円 × 8.8% × 2分の1 = 132,000円 訴訟分
176,000円 + 132,000円 = 308,000円
報酬金 ※200万円を回収した場合 200万円 × 17.6% = 352,000円

費用

確実に慰謝料を得るためにはこちらをご覧ください 弁護士に依頼する利点をこちらからご確認ください

お電話にて
問い合わせ
受付時間
月~金 9:00~17:00
0172-88-8735

フォームから
問い合わせ
専用フォームから
お問い合わせください
専用フォーム